大人も楽しめる絵本とは

親子で楽しめる絵本の選び方

親子で楽しもう!大人も子どもも読んで楽しい絵本

まず最初に、そもそもなぜ子どもさんに絵本を読み聞かすのかやどんな意味があるのかについてお書きしたいと思います。 気が付いたら子育ての一つになってしまっている絵本を読み聞かすという行為。 それにはどんなことが裏側にあるのか紐解いていきたいと思います。

絵本が子どもさんにもたらす影響

続いては、絵本を読み聞かせるということが、子どもさんの教育や将来にどのようにして役に立つのか、子どもさんの今後にどんな感じで影響をもたらすのかについてお話したいと思います。 このページをお読みになりますと、絵本が単なる遊びの一つではないということがよくわかると思います。

どんな絵本がいいのか

最後になりましたが、数ある絵本の中で一体どんな絵本を選んでいけばいいのかということについて触れていきたいと思います。 ここまでの流れで、絵本というものがどれだけ子どもさんにとっては素晴らしいものなのかがご理解いただけたかと思います。 だからこそ、ご自分の子どもさんにはいい絵本を読んであげたいですね。

なぜ子どもさんに絵本を読むのか

小さいころ、いつも眠る前に親御さんに絵本を読んでもらってから眠りについていたという方はたくさんいらっしゃると思います
または今現在、ご自分の子どもさんに対していつも眠る前に絵本を読み聞かせているという方もいらっしゃるでしょう。
実は、寝る前に一緒に絵本を読むというのは、親子にとってはいいスキンシップやコミュニケーションになります。
そして子どもさんにとっては、いくつになっても忘れられないパパやママとの素敵な思い出の一つになっていきます。

ところで、小さな子どもさんを持つ親御さんの絵本に関するお悩みはご存知でしょうか。
それは、「どの絵本を選べばいいのかよくわからない」とか「どんな絵本を自分の子どもに読んであげればいいのかが迷ってしまう」ということです。
確かに、絵本を読むということは子どもさんの教育の一つでもありますし、なによりも子どもさん自身が楽しんで読める作品を読み聞かせてあげたいですよね。

そこで今回このコラムでは、楽しめる絵本についてお書きしたいと思います。
ただ単に子どもさんが楽しめるということはもちろん、大人が読んでも楽しい絵本がどんなものなのかを見ていきましょう。

また、そもそもなぜ絵本を小さな子どもさんに読み聞かせるのがいいのかや、絵本を読み聞かせるということが子どもさんに対してどのような影響をもたらすのかということに関してもお話したいと思います。

絵本は子どもさんだけのものではなく、大人も楽しめるものだということをこれを機に知っていただけると幸いです。