>

どんな絵本がいいのか

親御さんが好きな絵本

まず無難な方法をお話したいと思います。

それは、実際に読み聞かせるパパやママが好きな本を選んでみるということです。
「そんな簡単に決めちゃってもいいの?」なんて驚かれている方ももしかしたらいらっしゃるでしょう。
それでいいんです。

ご実家にある絵本でも、書店で買われた絵本でも構いません、小さいころに実際に読んでいた絵本や面白かった絵本を見つけて、子どもさんに読み聞かせてみてはいかがでしょうか。
「これは昔、ママがおばあちゃんに読んでもらっていた絵本なんだよ」って言ってから読み聞かせると、子どもさんの反応も変わってくるでしょう。
それに、実際に読み聞かせている親御さんも、当時の楽しかった記憶と気持ちがよみがえり、それが自然に子どもさんに伝わっていくでしょう。

定番の絵本

もしかしたら、そういった絵本がない(なくなっている)という親御さんも中にはいらっしゃるかもしれません。

そういった場合は、定番の絵本を探してみてはいかがでしょうか。
ここで言う、定番の絵本とは、誰もが名前も内容も知っているくらいものすごくメジャーな作品のことです。

定番の絵本でしたらどこにでも置いてありますし、子どもさんもすんなり入っていけるでしょう。

それに、これは絵本に限らず言えることですが、発売からもう何十年も経っているのに未だに存在しているものは、正真正銘のいいものだと言えるのです。
そういったものは、時代が変わっていっても色あせることがないので、今の子どもさんたちにも愛されること間違いなしです。


この記事をシェアする